薄毛を本気で改善したいなら食習慣がとても重要になってきます。

薄毛によい食べ物は?とネットで探してみると、あれこれと出てきます。

薄毛にワカメ

科学的な視点で難しく書かれているものから、ちょっと強引な迷信じみたものまで様々ですが、知識は正しく活用できなくては意味がありません。

このページでは髪に必要な栄養素を確認して そこから望ましい食べ物を挙げていくことにしましょう。

髪そのものの材料

まずは、髪を作る材料についてですが、髪の80〜90%はケラチンというたんぱく質でできているので、その部品となっている18種のアミノ酸が髪の主な材料=栄養ということになります。

では、何を食べればいいのか?

答えは良質のたんぱく質です。たんぱく質を消化器官が一旦いろいろな種類のアミノ酸に分解して再度たんぱく質を合成するというのが体の仕組みの一つですが、人の体の合成に使うアミノ酸を多く含んでいるものを一般に良質のたんぱく質といいます。

そして、その中でも良いのが、

一番は大豆。二番が魚。三番、卵。

たんぱく質というと肉!と思われる方も多いでしょう。確かに肉も多量のたんぱく質を含んでいますが、同時に脂肪も多く含まれているので、摂り過ぎると血管に悪いコレステロールがたまりやすくなり、結果、血流が悪くなって髪の毛まで栄養が届きづらくなります。

その点、大豆や魚には悪いコレステロールを減らす成分が含まれているのでとても安心なのです。

納豆に豆腐、焼き魚、刺身、卵焼きなどなど。と考えると、たんぱく質に関してはユネスコ無形文化遺産バンザイ!の和食がいいのですね。

また、たんぱく質は髪の材料ですから不足の方が大きい問題になりますが、これに関する重要な点が、栄養の分配には優先順位があるということです。

体に摂取された栄養は生命維持に必要な器官から順番に分配されて行き、残念ながら髪の毛は最後の方なのです。

例えば、無理なダイエットを理由に十分に食事をしなかったとしたら、髪の毛にに届く栄養はほんのわずかになってしまい、その結果、細く抜けやすい髪になってしまいます。

髪を作る必須栄養素

さて、材料となるアミノ酸以外にも、髪の毛をつくるのに必要な栄養素というものがあります。

一番は亜鉛。二番がビタミンB群。

亜鉛が不足すると髪のたんぱく質=ケラチンの合成がうまくいきません。亜鉛を含む食材の代表は牡蠣や卵、肉類、などです。

ビタミンB群は毛母細胞の細胞分裂を活発にします。これは大豆や魚、卵、肉類など多くの食材に含まれます。

参考に、これらの栄養素がそれぞれの食品にどれ位含まれるのかがわかる便利なサイトがありますのでご紹介します。

簡単!栄養andカロリー計算

亜鉛やビタミンなどは手っ取り早くサプリメントという方法もありますが、バランスの取れた食事さえしていれば特にその必要は無さそうです。

逆に、亜鉛は取りすぎると副作用がありますので注意が必要ですよ。

ワカメですか?

そうですね、都市伝説的な発毛食材ワカメもヨウ素などのミネラルが豊富に含まれるなど、良いところはたくさんあります。

ヨウ素は甲状腺の働きを高めて育毛促進に効果があるとも言われていますが、大豆など他の食品にも含まれていますので、ワカメだけを大量に摂る必要はないようです。

毎日山盛り食べているお父さん、すみません!