お酒を飲む人は飲まない人に比べて薄毛になりやすいは本当か?

髪は、たんぱく質で出来ています。

そのたんぱく質は何から出来ているかというと、それはアミノ酸。太く硬く元気なキラキラした髪のためには、たくさんのアミノ酸が必要です。

さて、今度はお酒の話。

アルコールは肝臓で一旦 アセトアルデヒドという毒性のある物質に変わります。さらに肝臓がこれを無毒化する際に大量のアミノ酸を使用しますが、これらのアミノ酸の中には髪の毛の材料もたくさん含まれているのです。

つまり簡単に言えば、お酒を飲むと髪の毛の材料が減るということです。

材料が減れば、当然髪は細く、柔らかくなってしまい、抜けやすくなる。

というわかりやすいお話でした。

その他にも、飲酒によって脱毛の原因となる物質(DHTといいます)を増加させたり、髪の毛を作るのに必要なビタミンB群を減らすなどという研究結果もあります。

だからと言って、どれくらい飲んだら薄毛になりやすいかということはわかりません。一般には、肝臓でその日に処理できる、つまり二日酔いにならない程度の飲酒なら良いといわれます。

髪のためにも、やはりお酒はほどほどに。ということですね。