薄毛は遺伝だから、あきらめろとでも言うのか!

このテーマはご心配の方も多いと思うので結論から、
薄毛と遺伝

薄毛と遺伝との関係は、今のところ完全には解明されていません。

もう少し言うと、直接的に薄毛を引き起こす遺伝子はまだ発見されていないということです。

そういった候補の遺伝子については、世界を見渡せばいくつか出て来てはいるようですが、まだまだはっきりしていないのが現状のようです。

いま世界中にいる多くの科学者はそれこそ必死になって薄毛遺伝子を研究しています。 もしそれが見つかったら、

完璧な薄毛治療薬ができる可能性があるからです。
すごい特許です。すごい儲かります。

でも薄毛と遺伝子の関係、解明して欲しいような、して欲しくないような、ちょっと複雑な感じがします。解明されて遺伝子検査を受け「あなたは完全にハゲます。」って言われても、ねぇ。

それから解明してすぐに薬が出来たらいいけど、更なる研究と臨床試験が必要で「薬の発売予定は20年後です。」じゃ、こっちはもうツルッツルです。

いろいろな研究内容がネットでも出てきますが、まだ研究途上のものばかりなのであまり一生懸命調べて一喜一憂するのもどうかと思います。いずれ薄毛遺伝子が発見されれば、おそらくテレビのニュース速報で出るでしょうから(とくダネ!とかで)慌てることはありません。

とりあえずは、あまり気にしないようにしましょう。

ただ、薄毛になる遺伝子は発見されていなくても体質的なものは間違いなく遺伝しますから、もし薄毛のお父さんやお爺さん、叔父さんと似ているところがあれば注意が必要です。例えば、汗っかきだとか、血圧が高い、貧血ぎみ、冷え性、お酒が強い、ストレスがたまりやすいなど。

それから、生活習慣も似ていたりしませんか。風呂が嫌いとか運動が嫌い、夜更かし大好き、深酒大好き、とにかく肉が好き、インスタント食品が好き、

などなど。

どちらかというと、そういったことの方が重要かもしれません。
そしてこれらは対策ができます。改善できます。