男性ホルモンが多いと薄毛になるというのは本当?

まずはホルモンって何?

男性ホルモン

それは体に特定の作用をさせるために内臓器官から分泌される液体。

男性ホルモンは精巣と腎臓の上にある副腎という器官から分泌され、血液によって全身に送られます。

その作用は男性器の形成や変声、体毛の増加、筋肉増強、性欲アップなどですが、実は分泌されたこの男性ホルモンが直接薄毛を引き起こしているのではありません。

分泌された男性ホルモンが、ある酵素(5αリダクターゼといいます)の働きによってDHTと呼ばれる違う物質に変えられ、それが薄毛を引き起こしているらしいのです。

そしてこのDHTの作用する部位が主に前頭部と頭頂部で、これによって起きる薄毛の症状を、今はAGAと呼んだりしています。

結局、AGA治療と言われるものは、主に先ほど出た酵素5αリダクターゼを薬などでコントロールすること、それによりDHTが多く作られないようにすることなのです。

薄毛の直接の原因がそのDHTだとしても、酵素5αリダクターゼを活性化する要因はストレスや亜鉛などの栄養不足であるという研究結果が多くあります。

すぐ薬に飛びつくのではなく、まずは根本的な生活習慣の問題を解決するのが第一ではないでしょうか。効果があったとしても、生活習慣が変わらなければ一生涯、薬が手放せないことにもなります。

また、薄毛治療は自由診療で保険が使えませんので治療費に覚悟が必要です。