洗っても洗っても頭皮がべたつくのはなぜ?という方

毎日シャンプーしているのに、何だか頭がべたつくという方、もしかすると髪の洗いすぎが原因?かもしれませんよ。

頭の脂、皮脂はそもそも何のためにあるのかというと、主に皮膚や毛髪を保護したり保湿するためで、

さらには病原菌の繁殖を防ぐという大切な役割もあります。

頭がべたつくからと言って、髪を洗いすぎたりすると必要な分の皮脂までもが洗い流されることになり、必要以上に皮脂がなくなることは頭皮にとって大問題なのです。

洗いすぎると頭皮は、これは大変!ということでどんどん皮脂を分泌しよう!ということになり、さらにべとべとになる、という悪循環になるのです。

皮脂が多すぎるのは、炎症や抜け毛の原因になってしまいますので、適度な状態を保ちたいものです。

さて対策。 頭がべたつくと思う人はまずは、シャンプーに気を使うこと、そして洗いすぎないこと。シャンプーは、石油系など刺激の多いものは使わず、できれば頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーがベスト。

私たちの体のほとんどはたんぱく質、つまり、もとはアミノ酸でできているわけですので、低刺激ということに多くの説明はいらないでしょう。最近はどこでもアミノ酸系のシャンプーが売っています。安い石油系のシャンプーをお使いなら、もうさよならしましょう。

いくら低刺激シャンプーでもごしごし洗いすぎれば、これも過剰な皮脂分泌の原因になります。洗い過ぎないように注意。

あとは食事です。

糖分や脂肪分のとりすぎは頭皮の皮脂量を必要以上に増加させるという報告もあるようなので、できればバランスのよい食事を心がけましょう。